パーレー法(逆マーチンゲール法)の実践方法・リスクを解説【実際のベット検証結果も紹介】

パーレー法は「逆マーチンゲール法」とも呼ばれる、カジノゲーム攻略法の一つです。簡単に説明しますと、勝った時だけベット額を倍にして少ないチャンスで資金を一気に増やすベット方法ですね。

戦略はシンプルで、カジノゲーム初心者の方でもルーレットやバカラなどですぐに実践できますが、パーレー法にはいくつかの注意点があります。

  • パーレー法のメリット:すぐに利益を出せる!
  • パーレー法のデメリット:勝てている時にしっかり利確しないとずっとマイナスになる
  • ポイント:パーレー法を止めるタイミングを確実に設定すること!

などなど、パーレー法のメリット・デメリットや重要なポイントについて、実際のカジノゲームプレイ検証とあわせてご紹介いたします。

パーレー法とは?|賭け金額を倍にして連続勝利を目指す!

カジノゲームではポーカーやルーレットなど様々な種類がありますが、勝利が50%のゲームについてパーレー法が使えますね。ベット手順として、例として以下表でご紹介します。

ベット回数ベット額勝敗カジノゲームの損益
1回目1ドル負け-1ドル
2回目1ドル勝ち0ドル
3回目2ドル勝ち2ドル
4回目4ドル負け-2ドル
5回目1ドル負け-3ドル
6回目1ドル勝ち-2ドル
7回目2ドル勝ち0ドル
8回目4ドル勝ち4ドル

こんな感じで、負けた場合はベースとなる初期投資分(1ドル)が回収されて損失になりますが、連勝が続けば続くほど大きな利益が発生します。

パーレー法の基本ルールは?
  • 基本となる初期投資額を決める
  • パーレー法のベットを止める(利確をする)連勝数を決める
  • 勝てば前回ベットした額の2倍を賭ける
  • 負けた場合は初期投資額にリセットして繰り返す

上のイラストのように、1/2のカジノゲームで勝ち続ければ短期間で資金がプラスになりますね。勝つことを条件にベット額を倍にしていますが、一方で負けた場合にベット額を倍にするマーチンゲール法とは逆のシステムベットになるため、逆マーチンゲール法とも呼ばれています。

また、大事な点として、パーレー法は実質終わりのないベットシステムで、際限なくベット額を倍にして続けられますね。そのため、プレイヤー自身による利益確定が必須となります

パーレー法が有効なカジノゲームは?|勝利が50%であることが条件

パーレー法を実践するには1/2で勝てるカジノゲームが条件になるため、以下のような種類のゲームで使えます。ランドカジノ・またはオンラインカジノで遊べるカジノゲームについて、別ページでもご紹介しておりますのでご参考まで!

カジノゲームの種類まとめ・解説ページ

パーレー法が有効なカジノゲーム1|ルーレット

ルーレットは様々なベット方法があり、詳しくはルーレットの基本ルールでも解説していますが、赤か黒・または偶数か奇数かを賭けるやり方でパーレー法が使えます。
比較的初心者向けのカジノゲームで、ほかにもココモ法を使ったベット戦略も有効です。

パーレー法が有効なカジノゲーム2|バカラ

カジノゲームではバカラもメジャーなテーブルゲームで、基本的にはバンカーとプレイヤーのどちらが勝つかを予想してベットするやり方ですので、割と分かりやすくプレイできます。

バカラの基本ルールについて詳しくはこちら!

バカラでは勝利50%ですのでパーレー法が有効なほか、知っておくと役に立つマインドセットや攻略法も大事ですね。

パーレー法が有効なカジノゲーム3|ブラックジャック

また、テーブルゲームでは定番のブラックジャックも、勝率はほぼ50%になるためパーレー法が使えます。

ブラックジャックの基本ルールでも取り上げていますが、システムベットのほかカードカウンティングのやり方を理解すれば、より勝率アップできるでしょう。

ブラックジャックで有効なカードカウンティングとは?

パーレー法を利用するメリット・デメリットまとめ

パーレー法で実際にカジノゲームを運用してみると、良い面ばかりでなくネックなポイントもあります。そのため、ベットする際のリスクや注意点も事前に確認しておきましょう。

パーレー法のメリット|短期間で資金を増やせる・初期投資額は少なくてもOK

パーレー法は短期間で運用することを前提とすれば、ビギナーの方にもおすすめのシステムベットですね。

  • 連勝すれば高倍率で資金を増やせるので短期間で利益発生
  • 勝った資金を使ってベット額を増やしていくので、初期投資額を抑えることができる
  • ベット額調整の基準が明確なので初心者でも試しやすい

資金はどんどん増えるだけでなく、初期投資額が少なくても比較的試しやすいメリットがあります。

例として50ドルの予算であった場合、1ドルずつのベットでも4連勝すれば16ドルの大きなプラスになるほか、負けることを前提としても1ドル×50回分の負けまで耐えられるので、総額の資金とベット額の割合・バランスをしっかり考えれば、試行回数を多く確保できた上で高額配当が期待できます。

パーレー法のデメリット|連勝をしない限りプラスにならない

ただ、パーレー法ではある程度の連勝回数が必須になるため、長期的なプレイには向いていませんね。仮に4連勝しても5回目で負けてしまった、結局は初期投資額分のマイナスになってしまうため、連勝でのリスクも大きいです。

  • 1回でも負けてしまうと利益が全てなくなる
  • 連勝できずに勝ちと負けを続けるほど利益が出ないまま消耗する
  • 欲を出して連勝目標回数をどんどん増やすと、利益確定ができない

特に最後の理由である、利益確定して初期投資額に戻すことが意外と難しいですね。

プレイヤーの観点から、例えば2ドルベットから4ドル→8ドル→16ドル→32ドルと4連勝した時点でトータルの損益がプラスになっていた場合でも、『次勝てば64ドルだ!』と魅力的なリターンに釣られてベットして、結局負けてそれまで利益を全部無くしてしまうケースも多いです。

パーレー法でベットする際の注意点・重要なポイントは?

パーレー法は分かりやすく、利益を増やしていく魅力的なシステムベットですが使い方を間違えてしまうと最悪資金を全部無くしてしまうリスクもあります。

カジノゲームでは技術的な問題だけでなく、いかに利益を確定するかという判断や自制心が大事になりますので、実践前に確認しておきましょう。

パーレー法はマネーコントロール(利益確定する意志・マインド)がより重要!

パーレー法は連勝中にしっかり利益を確定させることが重要なので、ベット前に「○連勝したら絶対に止める!」という強い意志判断が肝心ですね。

  1. パーレー法を実践中で何回かベットした後、14ドルの損失という状況
  2. 初期ベット額:2ドルであれば、3回勝てばプラスになるから3連勝で目標設定
  3. 3連勝して16ドル獲得・2ドルの利益になったからリセットして利確!

といった例の感じで、何回連勝すれば利益が出るかを事前に確認した上で、その連勝回数を必ず守るようにしましょう。カジノゲームに限らず、ギャンブルで勝てないプレイヤーは目先の大きな利益に執着してしまい、最終的には負けてしまうケースが大半ですので、特に気をつけておくべきですね。

カジノで勝てる人・勝てない人の差って何?

パーレー法による勝率もチェック|3~4連勝が一つの目安に

1/2の確率で連勝していくパーレー法では、現実的な連勝目標だと3~4回が一つのボーダーラインになります。3連勝で12.5%(1/8)・4連勝で6.2%(1/16)と、確率的にけっこう低くなりますね。

1回あたりの勝率2連勝3連勝4連勝5連勝6連勝7連勝8連勝
50%25%12.5%6.2%3.1%1.6%0.8%0.4%

7連勝以降では1%未満の確率になり、ここまで目標にしてしまうと先に資金がゼロになる可能性の方が高いため、感覚的にも3~4回の連勝が妥当です。目標設定する上では数値上の可能性も意識するといいでしょう。

パーレー法を使って実際にカジノゲームで実践検証

実際にパーレー法が有効かどうか、カジノゲームの中でも分かりやすいルーレットで今回検証してみました。ただ、カジノで試してみるといいっても、国内の店舗型カジノ(ランドカジノ)は違法なので、日本国内でプレイしても問題ないオンラインカジノを使ってみました。

オンラインカジノの安全性・違法性について詳しくはこちら!

ネットエント社の人気機種であるヨーロピアンルーレットで、今回は100ドルの残高から初期ベット:1ドルでプレイしてみました。こちらはデモプレイで、オンラインカジノでは実際にお金を賭けなくても試しにベットできるのが良いですね。

上のキャプチャで1回目は勝ちましたが、ベット額を倍にした2回目のプレイで負けました(残高:99ドル)

連勝はなかなか続かず、7回目の4ドルベットでも負けて残高は96ドルに。

その後、勝ち負けを繰り返して28回目のベットから3連勝しましたね。ここで、4連勝で残高99ドルまで戻せるので次勝つことを目標にしています。

8ドルベットも勝って、4連勝・残高99ドルまで戻せました! 確率的にも4連勝が一つの基準になるので、止めるならこのタイミングですね。

ただ、今回はデモプレイだったので、より確率が低くなる5連勝にチャレンジできるかと思い継続もしてみました。

案の定、16ドルベットで外して4連勝の利益は全てなくなりました。。。

やはり、現実的に可能性のある連勝回数・無理のない利益回収の目標を決めたら、しっかりと守ることが大事ですね。

プレイ検証ベット額勝敗総額(100ドル基準)
1回目1ドル勝ち101ドル
2回目2ドル負け99ドル
3回目1ドル負け98ドル
4回目1ドル負け97ドル
5回目1ドル勝ち98ドル
6回目2ドル勝ち100ドル
7回目4ドル負け96ドル








28回目(4連勝目標)1ドル勝ち85ドル
29回目2ドル勝ち87ドル
30回目4ドル勝ち91ドル
31回目(ここで止める!)8ドル勝ち99ドル
32回目(強引に継続)16ドル負け83ドル

今回のパーレー法によるルーレット検証結果は上記表の通りです。負け分をほぼ取り戻す段階で一度やめるか、無理に利益を獲得するベットを継続するかの判断で、カジノゲームの結果は大きく変わります。

資金総額に対する初期ベット額や連勝回数の判断など、実際にプレイしながら少しずつ感覚を探って調整するのが良いですね。勝ちが続かないと資金が徐々に減っていくので、今回のように100ドルに対して1ドルベットスタートと、余裕のある額をおすすめします

パーレー法を気軽に実践できるカジノは?|まずはおすすめのオンカジで試す!

パーレー法をカジノゲームで実践する際には、検証プレイでも利用したオンラインカジノがおすすめですね。以下のようなメリットがあり、攻略法を実践しやすい環境にあります。

オンラインカジノではアカウント登録をするだけでもらえる無料ボーナスもあり、リアルマネーを使わなくてもベットできるのがプレイヤーに好まれる要素ですね。詳しくは以下のページでもご紹介していますので、ご参考までに。

オンラインカジノガイド

オンラインカジノでおすすめの入金不要ボーナスについて、当サイト限定のプロモーション含めご紹介します。また、入金不要ボーナ…

また、パーレー法以外にもカジノゲームには多くの戦略がありますので、ルーレットの攻略・戦略解説ページを参考にパーレー法と組み合わせできるシステムベットもぜひお試しくださいませ!